2011年01月02日

お正月気分??

本日実家からおせち料理(の写真)が届きましたわーい(嬉しい顔)

何が恋しいってやっぱり日本料理が一番でしょう!
よだれがとまりません。。。

我が家の年越しそばから。れっきとしたニシンそばです。

おせち1.jpg

江戸時代ごろ、北海道ではニシン漁が盛んで、冷蔵保存技術のなかったこの時代それらを本州へ出荷するため、日持ちする干物が重用されました。ニシンの干物のことを身欠きニシンといい、これらは北前船で関西へ輸送されました。

ニシンの甘露煮を蕎麦の上にのせたこのニシン蕎麦は、明治時代京都で生まれたとのこと。


そしておせち料理

おせち2.jpg

右の左9時のあたりにあるのがボウダラ(棒鱈)。マダラの乾物を戻して煮たものです。これは父方のおせちを引き継いだ一品。

ウィキペディア曰く、こちらも江戸時代以前から、東北や北海道で海産物を使った保存食の代表格として製造されていた棒鱈。加工された棒鱈は北前船で関西へ輸送され、正月料理の定番になったということで、正しい関西のおせち料理(ちょっと大げさ)です。

黒豆や栗きんとん、ダシ巻き、、、うぅ〜食べたい!

そして最後はお雑煮。

おせち.jpg

我が家の雑煮は白味噌ベースでイリコ出汁、具は人参と大根、白餅のみのシンプルなものです。お餅は汁と一緒に煮詰めてちょっとドロッとしたのがベスト。これもどうやら関西雑煮の特徴の一つのようです。母方の祖父は四国の出。特に香川の辺りでは、この餅が餡餅だとも聞きます。甘い餅はちょっと。。。と思いますが、食べなれるとそれが一番なんでしょうね。

地方で異なりますが、鹿児島の友人曰く、そちらのお雑煮は見た目にとっても豪華だとか。椀からはみ出すほどのおっきな熊海老(種類は分かりません)が雑煮の上にのっかっていたり、具も色とりどりで華やかだとか。

雑煮マップを作ると面白いかも、、、

こんな我が家のおせちを「見て」楽しむちょっと寂しいお正月です(笑)
posted by AiAi at 14:31| オーランド ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

あけましておめでとうございます


ニュージーランドからひと足早く、
フットプリンツ・ワイポウア、スタッフ一同(私も含めて)より、

HAPPY NEW YEAR!

2011年新年のご挨拶はコプソンホテルの花火から!

P1010037.jpg

今年も皆さんにとって良い年になりますように!
今年もよろしくお願いします。
posted by AiAi at 20:24| オーランド ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

メリークリスマス!

今日はクリスマス・デー。日本に比べると新年より祝賀ムードが高く、どこのおうちも家族が集まって一緒にお祝いします。毎年クリスマス・デーは、職場のボスのお宅にお邪魔してご馳走を食べます。たいていはどこもBBQディナーが主流です。

子供たちはプレゼントをもらって大喜び!

xivia 1.jpg

ボスのおいっこでジェイビアは自転車。

niekor 1.jpg

ボスの5歳になる娘はおませで、携帯電話を御所網。大好きなピンクの電話をゲットしてホクホクハートたち(複数ハート)

NZ国内紙曰く、NZでは親が子供のプレゼントに費やすお金がもっとも高額だとか。その次が各パートナーへのプレゼント。最下位が子から親へのプレゼントの価格だそう。物理的な感謝のお返しはありませんよ〜お父さん、お母さん!なんて皮肉っぽく書いてました。

皆様良いお年を!
来年もよろしくお願いします。
posted by AiAi at 16:38| オーランド ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。