2011年05月11日

Mangungu Mission House

ホキアンガハーバーは、タスマン海に口を開く大きな溺れ谷で、海からの奥行きは50kmほどあるそうです。カヌーでやってきたマオリの人々が、その内海沿いにたくさんの集落を築き現在に至ります。

ホキアンガ自体マオリ発祥の地とされ、マオリの歴史が深いと同時に、非常に古いヨーロピアン居住区としての歴史にも溢れています。中でも、6月13日東京発の風ホキアンガツアーで訪れるホレケと言う町は、ニュージーランドで2番目に古い町とされ、この国最初(マオリを除く)の○○と言われる建物や歴史が多く残されている場所です。

そのうちの一つ、今日はMangungu Mission Houseを紹介します。

ハーバーを見下ろす素晴らしい眺めの丘の上に、ひっそり建っています。

Mangungu blog2.jpg

ニュージーランドははじめ、マオリ語で白く長い雲のたなびく地を意味するアオテアロアと呼ばれていました。

18世紀以降、ヨーロッパ人の到来に伴いその文化がアオテアロアに大きく影響し始めます。マオリの間での改宗もすすみ、ホキアンガで特に信仰の厚かったNgapuhi族のリーダー、パツオネの保護の下、ニュージーランドで2つ目のメソジスト伝道所として1828年に設立されたのがこのMangunguです。この写真の建物自体は1838年から39年にかけて建てられました。

この伝道所はニュージーランド建国の歴史にも深いかかわりがあり、1840年のワイタンギ条約発布後、ここは3番目の調印場所となりました。ホキアンガは当初からアオテアロアの中でも特に多くのマオリが分布する場所だったため、ここでの調印はこの条約締結に欠かせませんでした。3千名を超える聴衆が集まる中、調印場所の中で最も多い70名の首長のサインがこのMangungu Mission Houseで行われました。下の写真が実際に調印の行われたテーブルと、そのオリジナルコピーです。

Mangungu blog3.jpg

マオリは文字を持たず、当初ほとんどのマオリはアルファベットを利用していませんでしたので、多くの首長が象形文字のような、マークのようなもの(恐らく顔に入れている刺青のモチーフの一部)でサインを行っています。

現在のMission Houseは、当時の牧師John Hobbsがデザインし、地元のカウリを用いて建てたものです。1840年からこのMission Houseは彼とその家族の所有となりました。

1855年、Hobbs一家のオークランド移転に伴い、この建物も海上輸送で一旦オークランドへ運ばれます。この家ごと移転する発想が私としてはとても新鮮な驚きなんですが、この国では結構普通に行われています。

さておき、オークランドで余生を送るはずだったこの家は、19世紀初期の貴重な建築様式や技術など歴史的価値が高く、1840年の初期のイギリス開拓時代に建てられた数少ない現存する貴重な建物として、1970年に再びもとあった場所に戻され、New Zealand Histric Places Trustの手によって1977年、博物館としてよみがえりました。

その中に展示されている調度品や写真から、
アオテアロア時代のホキアンガの賑わいが聞こえてくるようです。
posted by AiAi at 19:33| オーランド ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Hokianga | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。